• ドームイベント
  • 表現力

あだちから子どもに伝えたいもの こども俳句BGM付発表会

  • 予約受付中

俳句を学んだ子どもたちが、足立区出身の世界的サックス奏者の演奏をバックにまるちたいけんドームで発表します。
子どもたちの自由な発想と音楽のコラボレーションをお楽しみください。

※画像はイメージです。

文化庁.jpg

ジャパンフェスタ300.jpg あだちから.jpg

日時

2023年1月28日(土)
15:00~15:30(14:45開場)

場所

まるちたいけんドーム(プラネタリウム)

対象

どなたでも(小学生以下は保護者同伴)

定員

150名 車椅子2席
※桟敷席の使用は不可

料金

無料

申込

事前申込制
※11月26日(土)より受付開始

出演

■講座参加者

■吉野 秀彦(よしの しゅうげん)/ 炎天寺 住職・小熊座 同人

昭和34年生まれ。
少年時代、「野の会」主宰・楠本憲吉師に私淑。
大正大学大学院修士課程修了(梵文学)
平成5年、日本テレビが主催した「千僧音曼荼羅」の企画立案、運営に協力。
千人の僧侶による声明とJAZZ、和太鼓とのコラボレーションを企画。
平成20年より「小熊座」主宰・高野ムツオに師事。
平成26年、第一句集『子雀』(ふらんす堂)上梓。
令和2年、第二句集『音』(朔出版)上梓。
炎天寺一茶まつり全国小中学生俳句大会主宰(令和3年終了)
真言宗豊山派布教研究所指導教授
炎天寺住職「小熊座」同人 現代俳句協会会員
著書:句集『子雀』、『音』


■佐藤 洋祐(さとう ようすけ)/ サックス奏者
佐藤洋祐1-1.jpg
足立区出身。大学卒業後にアルトサックスを手にし、数年後にプロとして北海道札幌市を拠点に演奏活動を始める。その後2008 年に渡米しニューヨークにて盛んに活動、特に男性ボーカリスト、グレゴリー・ポーターの5人編成バンドにおいて唯一の管楽器奏者として在籍し、彼の4枚 のアルバムに参加。2011年度から2016年度までの間にグラミー賞を2度受賞、ノミネートも4度果たした。これまでにモントリオール・フェスティバ ル、プレイボーイ・ジャズ・フェスティバル、モントゥルー・ジャズ・フェスティバ ル、モントレー・ジャズ・フェスティバルなど、数百にも上る世界各国のジャズ・フェスティバル等に参加、サックス奏者として世界的に非常に高い評価を得 た。その後2015年末に同バンドを離れ、自己の音楽を追求すべく米国から日本の千葉県佐倉市に拠点を移し現在に至る。日本国内での音楽活動および海外でのジャズフェスティバルやレコーディングなどにも積極的に参加している。サックス・フルート・クラリネット プレーヤー、シンガー、作曲家、アレンジャー、教育者。

主催

あだちから子どもに伝えたいもの実行委員会

注意事項

新型コロナウイルス感染予防に関する、ご利用のお客様へのお願いをご確認の上ご参加くださいますようお願いいたします。詳細はコチラから

※発熱している方、体調が優れない方のご参加はご遠慮ください。
※入館時に検温を行ってください。
※ご参加の際はマスクの着用をお願いします。

投影が始まったら途中からは入れません。必ず、時間に間に合うようにお越しください。

備考

<申込方法・注意事項>
電話(03-5242-8161)/1階図書受付カウンター
受付時間 9:00~20:00(休館日をのぞく)
※1回のお申込で1家族まで受け付けることができます(お友達のお申込はできません)。
※参加者が中学生以下の場合は保護者の方がお申し込みください。
※定員に達し次第受付を終了します。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube