• 天文イベント

天文講演会「流れ星の科学」

  • 予約受付中

流れ星は,彗星や小惑星からやってきた流星体と呼ばれる塵(ちり)が,秒速数10キロメートルの超高速で地球大気に飛び込んで来る時に発光する現象です。肉眼で見えない暗い流れ星まで含めると,1日に数百トンもの物質が宇宙から地球に降り注いでいます。一瞬の輝きに込められた未知の科学について,私たちが取り組む「人工流れ星」計画も紹介しながら解説します。
また,ペルセウス座流星群も含め,多くの流れ星が現れる夏の夜空の流れ星の楽しみ方もプラネタリウムを使いながら紹介したいと思います。

日時

8月17日(土)
18:30~19:30(開場18:15)

場所

まるちたいけんドーム(プラネタリウム)

対象

小学生以上(中学生以下は保護者同伴)

定員

170名
※桟敷席の使用は不可

料金

小中高生100円
大人500円
※1日券、年間パスポート利用不可

申込

事前申込制
※6月29日(土)より受付開始

講師

阿部 新助(日本大学理工学部 航空宇宙工学科・准教授)

【講師プロフィール】
2001年,国立天文台にて「流星と流星痕の分光学」で博士(理学)取得。天文学者。
「超高速天体衝突発光現象の総合理解」および「太陽系および地球生命の起源の解明」を目的として,太陽系で最も始原的な「小惑星,彗星,流星,隕石」などの太陽系小天体を対象にした研究に取り組んでいる。
2013年より現職。

備考

<申込方法・注意事項>
電話(03-5242-8161)/1階図書受付カウンター
受付時間 9:00~20:00(休館日をのぞく)
※1回のお申込で1家族まで受け付けることができます(お友達のお申込はできません)。
※参加者が中学生以下の場合は保護者の方がお申し込みください。
※定員に達し次第受付を終了します。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube