ここから本文です。

03月10日(日)のイベント一覧

  • 当日先着順 10時00分 ~ 10時35分

    どきどき ! プラネタリウム ~ 泣いてもOK プラネデビューしちゃおう ~(35分間)
    • イベント
    「どきどき!プラネタリウム」は、小さなお子さま大歓迎のお時間です。もちろん、泣いちゃってもOKです!ちいさなお子さまをお連れの皆さん、お互いさま。みんなで一緒に、ママさん、パパさん、お子さまとプラネデビューしてみませんか?
    配給 コニカミノルタプラネタリウム株式会社
  • 10時30分 ~ 11時30分
    漫才師になった気分でオモシロイ話をしよう!
    芸人さんといっしょに、楽しい話をたくさんしよう。人の前でしゃべることが楽しくなるよ。
    ※12/1~受付開始
  • 11時00分 ~ 15時30分
    読んでつくって食べる親子の料理教室 "DO・KU・SHO・KU会” 第54話 苺どら焼き
    ①11:00~12:30 ②14:00~15:30
    本の読み聞かせのあと、本に登場するものにちなんだ料理をつくります。
    3月は“苺どら焼き”を作ります。
    生地は、パンケーキに似た材料で作りますが、あるものを加えることで、独特な甘味の、どら焼きの生地に変身します!
    焼き上げた生地に、苺と餡を挟んだら、甘酸っぱい春のおやつの完成です♪
    ※①②ともに定員に達しました。キャンセル待ちも受付終了です。
  • 当日先着順 12時00分 ~ 12時45分

    「星空とともに」(約45分間)
    • 一般投影
    • 一般
    ©仙台市天文台
    東日本大震災の夜、大停電の被災地を照らしたのは、見たこともないような満天の星でした。その輝きに被災者たちは何を見、何を想ったのでしょうか。
    新聞などに寄せられた震災の夜の星空にまつわる想いを元に、震災の翌年、仙台市天文台で独自に制作されたプラネタリウム番組「星空とともに」を、ギャラクシティのまるちたいけんドームで上映します。
    東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から約8年。多くの尊い命が失われた震災の記憶を風化させないため、「星空とともに」を通して、もう一度特別なあの日を思い起こし、今なお復興の途中にある被災地の現状に思いをめぐらせます。
  • 14時00分 ~ 16時00分
    こどもゆめくらぶ「粘土でフィギュアをつくってアニメにしよう!」
    粘土でフィギュアを作って動かして、iPadで動かしてアニメーションにしよう!
    ※定員に達しました。キャンセル待ちも受付終了です。
  • 14時00分 ~ 15時25分
    英語が楽しくなる!ワークショップ
    ①14:00~14:40(小学1~3年生クラス)
    ②14:45~15:25(小学4~6年生クラス)
    楽しく遊びながら英語を話せるようになろう!
    ※①は定員に達しました。①はキャンセル待ちも受付終了です。