本日のイベント

2019年03月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

開館日

休館日

ここから本文です。

01月11日(金)のイベント一覧

  • 10時00分 ~ 11時40分
    ギャラク de リトミック
    10:00~10:40(①はじめてリトミック、②たいけんリトミック)※②は定員に達しました。①は申し込みを受付中です。
    11:00~11:45(③おやこリトミック、④こどもリトミック)
    ※③は定員に達しました。④は申し込みを受付中です。 曲に合わせて手遊び、曲に合わせて体をうごかす、、、リズム感を養うことで運動能力が育まれます。
    ※12月1日(土)より往復はがきにて受付開始
  • 当日先着順 11時00分 ~ 11時30分

    アルマ ~ボクのみつけた願いごと~(30分間)
    • 一般投影
    • 一般
    星の降る夜に、キミたちは何をお願いする?人とロボットが一緒に暮らしているこの世界。
    ロボットのアルマは、小さな女の子ミラと、その家族と一緒に仲良く暮らしています。
    もうすぐ≪星の降る日≫。2人は、お星さまへの願い事を考えます。
    (C)minowo/合同会社スターライトスタジオ
    配給 合同会社スターライトスタジオ
  • 当日先着順 13時00分 ~ 13時35分

    ポラリス(35分間)
    • 一般投影
    • 一般
    北極と南極の氷のナゾを解くために宇宙に飛び出した、シロクマのレナードとペンギンのジェームズ。 出会ったのは宇宙の絶景と絶体絶命の大ピンチ!?正反対な二人が繰り広げるコミカルな宇宙大作戦を目撃しよう!
    ©Planetarium de Saint-Etienne production
    配給 GOTO INC
  • 14時30分 ~ 16時30分
    めざせちびっこプログラマー!~はじめてのプログラミング体験~
    未就学児から楽しめる子ども向けのプログラミング講座です。
    子ども向けプログラミング言語「Scratch Jr」を楽しく体験しよう!
    ※当日直接会場へ
  • 当日先着順 16時00分 ~ 16時40分

    今夜の星空(1月の話題 1/2~1/5「日食を観察しよう」、1/7~1/31「2019年の天文現象」)(40分間)
    • 一般投影
    • 生解説番組
    その日の夜に見える星空の解説と、月ごとに変わる話題についてお話します。
    1月の話題は「日食を観察しよう」と「2019年の天文現象」です。
    2019年1月6日午前には「部分日食」があり、足立区からも見ることができます。
    1月2日~5日の「今夜の星空:日食を観察しよう」では、「日食の起きる仕組み」や「安全な観察の方法」についてご紹介いたします。
    1月7日~31日の「今夜の星空:2019年の天文現象」では、2019年の1年間に起きる天文現象についてご紹介します。
    「日食」「流星群」「お月見」など・・・2019年も星空を見上げましょう!

  • 当日先着順 17時00分 ~ 17時30分

    ハローアース(30分間)
    • 一般投影
    • 一般
    この番組は、絵文字の世界、印刷の発明など歴史的な事実を紹介しながら、コミュニケーションの発展をたどります。
    そして、人類は地球外生命とコミュニケーションをとる時代がやってくるのでしょうか?
    ©The Heavens Copernicus/コペルニクスサイエンスセンター(ワルシャワ、ポーランド)
    配給 株式会社リブラ
  • 18時00分 ~ 20時00分
    Gがくえん シンガーソングライター部
    自分なりの言葉を使い作詞をしてどういうメロディがそれにあっているかなど作詞や作曲について一緒に考え、学びます。あなたのオリジナルソングをイベントで発表することを目指します。
    ※随時申込受付中
  • 当日先着順 19時00分 ~ 19時40分

    オーロラ 生命の輝き(40分間)
    • 一般投影
    • 一般
    今この瞬間も、地球のどこかで、オーロラを見あげている人がいる。
    リアルタイムで動画撮影した高性能で臨場感あふれる全天周オーロラ。極北のツアー客の一人になったつもりで、この贅沢な体験をお楽しみください。
    オーロラにまつわる言い伝え、名前の由来などとともに、オーロラ発生のしくみや最新の太陽系の惑星研究にまで迫ります。
    ©HugMedia