本日のイベント

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

開館日

休館日

ここから本文です。

施設の楽しみ方:中学生以上

  • 未就学児
  • 小学生
  • 中学生・高校生
  • おとな(18歳以上)
  • 子育て中のパパ・ママ
  • 親子・家族

中学生、高校生のための場所が用意されています。
また、まるちたいけんドーム(プラネタリウム)をはじめとして、
中学生、高校生、大学生にも楽しめる場所があります。
さらに、中学生、高校生、大学生による、
子どものために活動するギャラクシティ盛り上げ隊が活動しています。
盛り上げ隊の詳しい内容は窓口にお問い合わせください。

  • Gがくえんクラブルーム1218   →Gがくえんの詳細
    中学生・高校生が、放課後や休みの日に仲間と楽しく過ごせる場所が地下2階に用意されています。ここでおしゃべりしたり、遊んだり、宿題をしたり、と楽しく過ごすことができます。
    また、曜日を決めて、音楽やダンスなどのクラブ活動が行われます。いつでも参加できますから、クラブ活動に興味がある方はクラブルームに遊びにきてください。
  • コラボらぼ
    盛り上げ隊の活動拠点は、Gがくえんクラブルーム1218と、コラボらぼです。コラボらぼでは、盛り上げ隊と大人のボランティアの方々が、こどものための活動の準備をしたり、プログラムや教材を開発します。
  • がんばるウォール  →ご利用時間・諸注意の詳細
    ギャラクシティの正面入口から入って、すぐ右側にある高さ7.5mのロープ式クライミングウォールです。
    クライミングウォールは、岩山を登るためのトレーニングの方法として開発されましたが、都会においても登るというシンプルな運動/スポーツを体験できる方法として最近注目を浴びているものです。
    「集中力」「判断力」「バランス感覚」を遊びの中から身に付けることができます。
    ※がんばるウォールでは、ロープを登っている高さに自動的に合わせて安全を確保する「オートビレイ」という装置を導入しています。
  • まるちたいけんドーム(プラネタリウム)
    直径23mの大型ドームは、23区内最大のドームです。
    プラネタリウムの投影装置は、5台のビデオプロジェクターによるデジタル方式ですが、映像のきめ細かさを示す解像度が7K(7,000ピクセル)という、これまでにない性能を持っており、他では体験できない美しい映像をご覧いただけます。
    プラネタリウムとしては、地上から見た星空だけではなく、宇宙に飛び出して星の間を動き回るように映し出すこともできます。
    そして、世界でただ一つ、まるちたいけんドームだけでしか体験できない映像があります。それは、南米チリの標高5,640mという世界最高地点の天文台、東京大学のアタカマ天文台に設置されたカメラで撮影された星空をライブ中継した映像です。
    今、世界中の天文学者が注目するアタカマ、地上で一番美しく星が見える、宇宙に一番近い星の映像が見られます。
    また、同じカメラが、ハワイのすばる望遠鏡と木曽にある東京大学の観測所にも設置され、そこで撮影された映像も、まるちたいけんドームだけで見ることができます。

    ここでは、プラネタリウムだけでなく、いろいろな映像作品を上映することができ、子どもや区民の皆さんが撮影した作品も定期的に上映されます。
  • ぷらっとプラネット
    宇宙に関する解説が定期的に行われます。星の映像を楽しんだり、インターネットを利用してミニ講義も行います。