ここから本文です。

完成した「ヒミツの空想博物館(クウソウハクブツカン)」で遊ぼう!

完成した「ヒミツの空想博物館」で遊ぼう!
2017年7月29日~2017年8月13日
  • 対象者:未就学児 小学生 中学生
  • 体験の種類:みる
子ども達の手で完成させた「ヒミツの空想博物館」完成をお祝いしながら、「ヒミツの空想博物館(クウソウハクブツカン)」であそぼう!

【日 程】7月29日(土)~8月13日(日)
【時 間】10:00~12:30(受付は12:00まで)/13:30~16:00(受付は15:30まで)
【場   所】ホワイトあとりえ
【対   象】4歳~小学生 ※未就学児は保護者同伴
【参加費】無料
【申 込】当日直接会場へ

*7月29日(土)~8月13日(日)は、ホワイトあとりえ「おえかきタイム」の実施はございません。

           
「ヒミツの空想博物館」とは・・・
7月25日(火)~7/28(金)にかけての4日間連続ワークショップで、みんなで力を合わせて作ったヒミツの空想博物館!



7月29日(土)には「ヒミツの空想博物館」で「空想ミニ化石づくり」も開催されるよ!
子ども達の手で完成させた「秘密の空想博物館」の完成をお祝いしながら、博物館に展示する「空想ミニ化石」を作ろう!2つ作ったら1つは博物館に展示し、1つはお持ち帰りいただけます。



【講師プロフィール】
水内 貴英(みずうち たかひで)
美術家。1979年岡山県生まれ。制作場所やその状況の中で表現されるべきものを模索しながら、インスタレーションや、ワークショップ、パフォーマンス、彫刻など多くの表現方法を用い、社会に対して新たな視点を投げかけるような作品を国内外で発表し続けている。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」(新潟県十日町市)、「墨東まち見世」(東京都墨田区)、「台中空港アートプロジェクト」(台湾台中市)などでの作品発表の他、小学校などを舞台に子ども達と作品や空間を作り上げていくワークショップも多数実施している。ギャラクシティでは2015年、2016年とワークショップ「ギャラクシティ★スペースステーション建築計画~みんなが楽しく遊べる宇宙基地をつくろう!~ 」や「 みんなでつくろう!恐竜とあそべるダンボール・ジュラシック・パーク!」の講師を担当している。