本日のイベント

2017年09月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

開館日

休館日

ここから本文です。

ギャラクシティドームアートプログラム①ワークショップ「空に絵を描く、ささやかな音を聴く」

ギャラクシティドームアートプログラム①ワークショップ「空に絵を描く、ささやかな音を聴く」
2017年6月3日 15時00分~17時00分
  • イベント
  • 対象者:未就学児 小学生 中学生 高校生 おとな 子育て中のパパ・ママ 親子・家族
  • 体験の種類:つくるみる
好きな色の絵の具を自由に混ぜて、プラネタリウムの大きな空に、絵をかいてみましょう!

ビデオカメラとプロジェクターを使うと、絵の中のうずまきや波はとても大きく映し出されます。 それは絵というよりも、まるで空の雲に触っているような感覚かもしれません。 音もまた同じように、マイクやスピーカを使って、小さな音を大きな生き物の声のように聞くことができます。
小さなものを体いっぱいに感じる、プラネタリウムだから体験できるワークショップです。
発表会では、こどもたちによるライブペインティングをお客様にご覧いただきます。

【日 時】6月3日(土)
①15:00~16:30 ワークショップ
②16:30~17:00 発表会

【場 所】まるちたいけんドーム(プラネタリウム)
【対 象】①5歳~小学生(小学校3年生以下は保護者同伴) ②どなたでも
【定 員】①10名 ②170名
【料 金】無料
【講 師】中山晃子(画家)、Rasmus Zschoch(ラスムス チョーフ/作曲家) 
【申 込】
①事前申込 定員に達しました。キャンセル待ちを受付中です。
②当日申込 9:00より1階総合受付にて整理券を配布(先着順)

【講師プロフィール】
・AKIKO × RASMUS
2016年、KOUMARIA RESIDENCY (ギリシャ、スパルタ)にて結成。 日本出身の画家、中山晃子と、ドイツ出身の作曲家、Rasmus Zschoch によるアーティストユニット。 絵と音の相互作用を色濃く現すライブパフォーマンスを行っており、中山のライブペイントによる水の流動を、音が乱し形を変え、絵の色彩は独自のプログラミングソフトFuluid2wave (ayafuji作) によって色が音に変換され、Rasmusの音を変える。絵は音に、音は絵に、相互に影響し合う関係性を現す。絵を描きプロジェクターで投影するAlive Paintingの技法と、演奏によるライブといった形式だけではなく、インスタレーションでの可能性も模索しながら活動している。 

・中山晃子(画家)
2012  東京造形大学 造形学部美術学科絵画専攻領域  卒業
2014  東京造形大学 造形学部美術研究領域 修士課程修了
色彩と流動性によって、うつろいゆく現象を絵画として描くアーティスト。
主な活動である "Alive Painting”では様々な性質を持つ液体を扱い、要素の流れがもたらす美的な快楽と、見る者に様々な景色や生命を想起させる。
材料の化学的性質に加え、風、重力、振動などの外的要因によって予期せぬ反応が現れてくるので、二度と再現不能の景色がゆるやかに出現 / 消失し、その経験そのものを鑑賞者と共有する。
近年では、自ら音も絵も同時に奏でるソロパフォーマンスと、その排水を紙に定着させる二対の制作を精力的に行う。
パフォーマンス、写真、映像、と扱うメディアは多岐に渡るが、一貫して絵画の文脈に基づき、多種多様な原因と結果、混ざり合う境界の生き生きとした姿を描 く。TEDxHanedaでのプレゼンテーション、Audiovisual Media festival 2015 (台湾)、MultipleTap EURO tour等、国内外問わず描いている。

・Rasmus Zschoch (ラスムス チョーフ/作曲家)
ドイツ出身の作曲家。ギターやピアノ、コンタクトマイクにはじまり、おもちゃや自作楽器などを用いた演奏に、デジタル処理とエフェクトを施しつつ、クラシックを踏襲したメロディーやハーモニー、また瞬時かつ偶発的なノイズをも利用して音を作り上げる。
近年では作曲や即興演奏によって、自然界で音がどのようにして生まれるのか、人がどのように音を音楽に変えるのかを研究し、世界各国のアーティストとの共演や、アーティストインレジデンスに参加するなど、多面的なアプローチを通して音と音楽の本質を見つけようと試みている。
www.rasmuszschoch.com


6月3日(土)18:30~19:30 パフォーマンス「AKIKO×RASMUS -流動する星座-」開催!


<申込方法・注意事項>
電話(03-5242-8161)/1階図書受付カウンター(受付開始日は電話受付のみ)
受付時間 9:00~20:00(休館日をのぞく)
※1回のお申込で1家族まで受け付けることができます(お友達のお申込はできません)。
※参加者の保護者の方がお申し込みください。 ※定員に達し次第受付を終了します。