ここから本文です。

(全11回) こども えんげき部

こども えんげき部
2016年10月8日~2017年3月25日
  • 対象者:小学生 中学生 高校生
  • 体験の種類:つくるしる・まなぶからだをうごかす
大きな声を出してみよう、おどってみよう、歌ってみよう、自由に動いてみよう。じぶんで物語をつくって、じぶんで演じてみよう。楽しく活動しながら演劇をみんなでつくりあげていく「こども えんげき部」が今年もはじまります!
足立区在住の新進気鋭の劇作家・今野裕一郎さんと、北千住を拠点に活動する演劇ユニット・バストリオによるワークショップです。

【日 時】
★オリエンテーション 2016年10月8日(土) 13:00~16:00
★練習日
(全9回)
2016年12月10日(土)、12月26日(月)
2017年1月14日(土)、1月28日(土)、2月5日(日)、2月25日(土)、※3月12日(日)、3月18日(土)、3月24日(金)
13:00~16:00
※印の日のみ
14:00~17:00
★発表会 2017年3月25日(土)  
【場 所】わーくしょっぷスタジオ
【対 象】小学4年生~高校生
【定 員】15名
【参加費】無料
【申 込】事前申込制 ※定員に達しました。キャンセル待ちを受付中です。
【講 師】今野裕一郎(劇作家・映画監督)+バストリオ(演劇ユニット)
【講師プロフィール】
バストリオ
今野裕一郎が劇作・演出を務める演劇ユニット。東京都を拠点に2010年から活動を開始。自然や都市のもつ感触、役者の身体から出てくる生理や質感を活かし、ドキュメンタリーとフィクションの境界のないフラットで豊かな作品をつくりあげる。主に動物や寓話性のあるもの、生と死をモチーフにした作品が多い。空気公団や杉本佳一、松本一哉、滝沢朋恵などの音楽家とコラボレーションを積極的に行っており、人と物、音や光が相互に関係を持って強く存在するパフォーマンスを行う独自のスタイルを確立。また空間を体感させるインスタレーションとしての側面を持ち、様々な断片をカットアップの技法を用いて独自の視点で繋ぎあわせることで、演劇における新しい演出方法や劇世界をつくりあげている。 ギャラクシティでは2013年より「こども えんげき部」の講師を担当している。

撮影:黒木麻衣(上・左『ヤングヤングマシーン』公演写真、真ん中『SELF AND OTHERS』公演写真、右『海ではない陸ではない』公演写真)
★バストリオについて詳しくは →こちら


<申込方法・注意事項>
電話(03-5242-8161)/1階図書受付カウンター(受付開始日は電話受付のみ)
受付時間 9:00~20:00(休館日をのぞく)
※1回のお申込で1家族まで受け付けることができます(お友達のお申込はできません)。
※参加者の保護者の方がお申し込みください。 ※定員に達し次第受付を終了します。


  

イベントカレンダー

カレンダーの日付をクリックすると、下に当日の実施時間が表示されます。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
  • 13時00分 ~ 16時00分
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
  • 13時00分 ~ 16時00分
29 30 31

イベントあり

閉館日