ここから本文です。

こどもみーてぃんぐ ~お客さまにアトラクションの待ち時間をより楽しく過ごしてもらえるアイデアを提案しよう!

開催日: 2015年9月20日

ギャラクシティを盛り上げる様々な活動を行っている小学生~高校生までのメンバーが集まった「こどもみーてぃんぐ(通称:こどみ)」。ギャラクシティにやってくる子ども達に向けて楽しいイベントを考え実施したり、ギャラクシティを盛り上げる様々な活動を年間通して行っています。

2015年の6月の定例会では、今後のこどみの活動にお客さまのご意見やニーズを積極的に取り入れていこうという目的の下、来館したお客さまにギャラクシティのこと、そしてこどみの事などをいろいろお聞きしそのニーズを調査する「こどみ突撃インタビュー!」を実施しました。その時、お客さまから多くあがった「人気アトラクションの待ち時間に遊べるものが欲しい」「待つ時間がもったいない気がする」というご意見についてレジュメにまとめて発表してくれたこどみメンバーでしたが、8月と9月の定例会では、このアトラクションでの待ち時間をどのようにお客さまに楽しんでもらうか考え、その試案を実施することになりました。

 

★8月30日(日) アトラクションの待ち時間にお客さまが楽しめるアイデアを考えよう!
夏休み明けだけど、元気いっぱいにギャラクシティにやってきたこどみメンバー。 この日の館内は多くのお客さまで賑わっており、人気アトラクション「スペースあすれちっく」にも入場待ちのお客さまで長い列ができています。

こどみメンバーはチームに分かれ、どんなお客さまがどれくらい、どんな様子で待っているか観察し、シートに記入していきます。小さな子どもを連れた親子、お父さんやお母さんのみで待っている人…ゲームをしたりスマホをいじったりしながら、その場でしゃがみこんだりしながら待っている様子が見受けられます。みなさんこの日は30分~1時間程度並んでらっしゃるようでした。

その後、こどみメンバーは直接お客さまにお声がけし、アトラクションの待ち時間について質問をしました。みなさん、待ち時間が長いと感じており、できればこの待ち時間の間に何かしたいと思っているとの答えが返ってきたようです。こどみメンバーからの「待ち時間の間に何ができるといいと思うか?」という質問には、「並びながらできるゲームがあったらいいのでは」「わくわくデスクのキットで遊べたらいいのでは」「子どもが好きな音楽がかかっていたり、展示物が見られるといい」「クイズ大会をしたら楽しそう」などの様々なご回答をいただきました。

お客さまのご意見を受け、いつもの活動場所のギャラクシティふぉーらむに戻ったこどみメンバーは、9月にスペースあすれちっくの列に並んでいる方々に向けてどんなことが出来るか、今回のリサーチを受けて話し合いを行いました。

各チームからは下記のような様々なアイデアが出てきました。
・絵本や本を待ち列の脇に設置する。
・じゃんけん大会を待っている人たちと一緒に行う。
・みんなで合唱する。
・みんなでしりとり大会をする。
・待ち列の脇にギャラクシティのおすすめスポットをランキングにして展示して見てもらう
 などなど

・・・そんな中、お互い話し合い、実際に9月の定例会でお客さまに向けて実施する内容を決定して、準備を開始。クイズ大会、手品、ミニコンサートなどのアイデアを実現するため、みんなで手分けして準備を行いました。

 

★9月20日(日) アトラクションの待ち時間にお客さまが楽しめるアイデアを実行しよう!
9月の定例会。ついに自分達が考えたアイデアを実際にお客さまに披露する時です。まずみんなで前回まで準備した残りの作業を行い、早速、スペースあすれちっくの入場待ちをされているお客さまの下へ。

各チーム順番に待っているお客さまに向けて準備した企画を披露していきます。

◎ ○×クイズ大会
待っている大勢のお客さまが一緒に参加できるということで考案された○×クイズ。こどみメンバーがクイズを出して、みんな一斉に○か×か手で合図をしてもらいます。クイズの気分を盛り上げる手作り太鼓の伴奏もついて、参加してくれた子ども達も保護者の方達も楽しそう。最後に全問正解者と1問だけ不正解だった方に素敵な折り紙の手作りプレゼントが配られました。

◎ 手品
カードマジックを中心とした手品ショー。お客さまがより楽しめるように、参加型の内容で、列に並んでいる子ども達もカードを引いたりしながら参加することが出来てとっても楽しそうな雰囲気。手品が成功するたび、大きな拍手が巻き起こり、最後には手を放しても宙に浮くコップのマジックも成功し、盛り上がりました。

◎ 玉入れ
列に並んだままで楽しめる移動式の玉入れゲーム。置かれた箱の中に新聞紙のボールを投げ込むのは意外に難しく、みなさん歓声をあげながらチャレンジしてました。玉が外れた子も入った子も、手作りの素敵なプレゼントをもらいました。

◎ ミニコンサート
子ども達が好きな曲をかけて一緒に楽器を演奏したり、合唱したら楽しいのではないかと企画された出し物。「ビューティフル・ネーム」をBGMにこどみメンバーが歌い、手作り楽器を演奏してみんなを盛り上げる予定でしたが…いざとなったらみんな何だか少し緊張気味。そんなこどみメンバーを励ますようにお客さまの大人の方達が最後まで手拍子で盛り上げてくださいました。

◎ クイズ大会
小2~小3のこどみジュニアのグループはみんなで考えたクイズ大会をすることに。歌をあてるクイズ、ギャラクシティクイズなどバラエティーに富んだクイズが出題され、お客さまも熱心に参加していました。一問当たるたびに正解者には素敵な手作りプレゼントが。小さな子ども達も楽しそうに参加しているのが印象的でした。

出し物がすべて終了し、ギャラクシティふぉーらむに戻って振り返り会。「お客さんのざわめきで声がかきけされてしまったので、もう少し大きな声を出せばよかった」「緊張してなかなか思うようにできなかった」「もう少しお客さまが気軽に参加できるような工夫をすればよかった」等、反省点も出ましたが、「小さな子どもにもうまく声がけができた」「お客さまも楽しそうにしてくれた」等、みんな頑張ってやり遂げた満足感があったようです。

今回、初めて実施したアトラクションの待ち時間に対する試みでしたが、今後も継続的に、お客さまのニーズや要望を調査しながら、より楽しくギャラクシティでの時間を過ごしてもらえるよう、様々なアイデアをこどみのメンバーと提案していく予定です。今後もこどみーてぃんぐの活動にご期待ください!

関連URL:
こどもみーてぃんぐ
http://www.galaxcity.jp/modules/info/index.php?action=PageView&page_id=29