ここから本文です。

自然の不思議や美しさを体感!きせつの自然教室 草木染にチャレンジ!藍染で藍色の手ぬぐいをつくろう

開催日: 2015年4月29日

429日(水・祝)に開催した今年度第1回目の「きせつの自然教室」のテーマは「草木染にチャレンジ!藍染で藍色のてぬぐいをつくろう」。先生はギャラクシティがリニューアルオープンしてからずっと自然教室を担当してくださっている花や植物など自然に関してとても詳しい森進さんと渡部正明さんと斎藤風菜さんです。
 
 
今回は藍(アイ)というダテ科の植物を使って作られた染液を使い本格的な「藍染」にチャレンジ!古くは奈良時代から伝わると言われる「藍染」。参加してくださった小学生はもちろん、一緒にいらっしゃったお父さん・お母さんも興味津々。みなさんご家族そろって体験してくださいました!
 
まずは木綿布を輪ゴムを使って数箇所自由に縛るところからスタート。
 
 
そして染液に浸して布を広げてみると・・・はじめは緑がかった色をしていた布も、空気に触れると、みるみる内に深い深い藍色に変化していきます。藍に含まれる成分が化学反応を起こしてこのような変化を起こすということですが・・・その様子が美しくて、子ども達からは思わず感嘆の声もあがりました!
 
 
 
布がしっかりとした藍色に変化するまで干して、水洗いしてから乾かして出来上がり。みなさんの個性あふれる絞り模様が深い藍色にいきたステキな手ぬぐいの数々が出来上がりました。昔から伝わる藍染の体験を通し、自然の不思議や美しさを今回体感していただけくことができたのではないでしょうか?
 
 
 
 
参加してくださった方からは、「家ではあまりできない草木染めの体験ができて楽しかった。」「分かりやすく藍染の説明をしてくれた。子どもでも理解できた。」「自分で考えてデザインできるのが良かった。出来上がりがどうなるか楽しみだった。」などの感想をいただきました。
 
 
身の回りの自然を観察してあらためて知る自然の不思議さや大切さを体験できる「きせつの自然教室」は四季を通して定期的に開催しています。次回は夏休みに開催予定。是非みなさんもご参加くださいね! 
 
イベントURL 
きせつの自然教室「草木染にチャレンジ!藍染で藍色のてぬぐいをつくろう」