ここから本文です。

プラネタリウム語り芝居~宮沢賢治『双子の星』~

開催日: 2017年11月5日

11月3日(金・祝)、91名様に、まるちたいけんドームで宮沢賢治の作品「双子の星」をご覧いただきました。

朗読は山田栄子さんと土井美加さん、歌ゲストは森田智子さんです。


朗読で作品の世界にグッと引き込まれたところへ、チュンセ童子とポウセ童子が登場します。そのかわいらしい声と姿に、会場がパッと明るくなったようです。蠍(さそり)や大烏(おおがらす)を一生懸命に助けるお話


彗星(ほうきぼし)にだまされて海の底に落とされてしまうお話が、繰り広げられます。


いつの間にか、客席も「双子の星」の世界に入り込んだようにシンとしています。
2人が無事に天上に戻ることができ、ホッとしたところでエンディングとなりました。

最後に披露された曲で、サプライズがありました。曲の中に「Galaxy Train」というフレーズがあるのですが、「Galaxcity Train」と歌ってくださっていました!「ギャラクシティ鉄道」に乗って、宮沢賢治の描く星空の世界への旅は終わりました。


これからも、まるちたいけんドームならではのイベントをたくさん行なっていきます。詳しく決まりましたらウェブサイト等でご案内をします。ぜひご参加ください。どうぞお楽しみに!

(まるちたいけんドーム担当)