本日のイベント

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

開館日

休館日

ここから本文です。

「ギャラクシティで遊べる遊びをもっとふやそう!こどもみーてぃんぐのメンバーが、待ち列で遊べるゲームを考えてつくりました!」

開催日: 2017年9月24日

ギャラクシティを盛り上げる様々な活動を行ってくれている小学生から高校生までのメンバーが集まった「こどもみーてぃんぐ(通称:こどみ)」。


 
 

7月の夏祭りで実施したおみこしやこどみ遊び屋台村は大盛況で、多くのお客様に楽しんでもらうことができました。
夏休みの後半の8月と9月の活動では、「ギャラクシティで遊べる遊びをもっとふやそう!」をテーマにみんなで意見を出し合い、ギャラクシティの様々な体験施設の「待ち列で遊べるゲーム」を考えてつくるという取り組みを行いました。
★8月27日(日)
この日の定例会では、6つの班に分かれ、作りたいものの企画書を作成、ゲーム作りに取り掛かりました。
まずどんなところにお客様が並んでいるか、がんばるウォール、デジタルきゃんばすの待機列を見に行きどんなゲームにするか考えました。
こどみのメンバーの作った企画書と設計図。
 

    


どんな風に作るか、どんな風に遊んでもらいたいか、意見を出し合いしっかり考えていました。

各班が考えたゲームは…
・ビー玉ころがし
・もぐらたたき
・あみだくじ/めいろ/くじびき
・ビー玉おとし
・いろいろ人形劇
・きせかえゲーム

企画書と設計図をもとに、空き箱などの身近な材料を使い、協力してゲームを作っていきました。一番早くゲームの形になったのは、「もぐらたたき」でした。とても集中してゲーム作りを進めていました!どのチームも色々なアイデアがいっぱいです。
 
 
 

★9月24日(日) 
この日の活動では、前回の定例会で作ったゲームを完成させました。
館内で多くの方に遊んでもらうためにどのようなことに注意しなければならないか、もう一度班のみんなで話し合いました。
・遊び方はお客さんに分かるようになっているかな?
・小さい子でも安全にあそぶことができるかな?
・作品はすぐに壊れないようにできているかな?
 

 


ビー玉ころがしのビー玉が落ちてしまわないように、しっかりと透明シートで覆ったり、遊び方がひと目で分かるように紙に書いてゲーム本体に貼り付けたり、壊れそうなところを補強するなど、さらに工夫を加えていきました。
 



ゲームが完成した班から、早速「待ち列」に並んでいるお客さんに声をかけ、試験的に遊んでもらうことにしました!
まずは自分の名前とこのゲームの主旨を説明。そして、どのように遊ぶかていねいに説明した後、ゲームで遊んでもらいます。

 


緊張しながらも、ゲームの説明をする様子。
 

 

小さな子でも遊べるものも多く、体験してくれた子供たちはどの子も楽しそうです。
「もっと楽しくするにはどうしたらいいか?」という意見もしっかり聞けたので、ゲームの運用に活かせそうです。「どんなゲームがあったらいいですか?」と聞き、お客様の要望に答えてすぐに迷路を作った班もありました!
自分たちが作ったゲームで実際に楽しく遊んでもらえ、こどみのメンバーたちもやりがいを感じている様子でした!

最後に、今回作った作品を班ごとに発表しあいました。
 
 

  

今回こどみのメンバーたちが考えた「待ち列で遊べるゲーム」ですが、待機列が出来ている時にお客様に遊んでもらう予定です。
ぜひ楽しみにしていてくださいね!

関連URL:
こどもみーてぃんぐ
http://www.galaxcity.jp/modules/info/index.php?action=PageView&page_id=29

(こども体験事業担当)