ここから本文です。

紙コップと糸で奏でる音楽?!「ストリングラフィ 紙コップと糸で奏でる音楽」「ストリングラフィってなあに?糸電話が楽器になった!?ストリングラフィを作ってみよう♪」開催

開催日: 2017年8月20日

今年の夏休みも多くのイベントを開催し、多くの方々にご参加いただきました。8月20日(日)には、ギャラクシティに初めて紙コップと絹糸でできた楽器「ストリングラフィ」がやってきて、「ストリングラフィ」のコンサートが開催されました。約200名の子どもから大人まで、たくさんのファミリーがコンサートを楽しみました

開演前より紙コップと糸で会場全体に張り巡らされた楽器「ストリングラフィ」に会場のお客さまも興味津々。聴いたことの無い不思議な音色で、クラシックや童謡、みんなが大好きなポップスの曲、パパママ世代がご存知のアニメ曲まで、30分の間、たくさんの曲が演奏されました。童謡「大きな古時計」では時計を表現した繊細な効果音を聞くこともでき、お馴染みの曲が演奏されるたび、子ども達が手拍子をしたり、口ずさんだり、会場はとても楽しい雰囲気に包まれました。
ストリングラフィがどのように鳴っているか、紙コップを持って音の聞き比べをしたり音の大きさの変化や音の高さの変化を視覚として捉えたり、科学的な要素も学ぶことが出来るコンサートなり、お客様からは「初めてストリングラフィを見て興味深かったです!」「こんな近くで生のストリングラフィが聞けて嬉しい」などの感想をいただきました。

2回のコンサートの後に開催された1時間の「ストリングラフィ体験ワークショップ」ではさらに、紙コップと糸でどうしてこのような音が鳴るのが深く学べる内容となりました。
巨大な楽器「ストリングラフィ」の演奏を自分でしたみたり、講師に教わりながら音階を2人の参加者で鳴らしてみたりしながら「ストリングラフィ」を実際に体験してみます。更にニワトリや犬の鳴き声、車のクラクション、お化けの音など、音階を奏でるだけではなく、色々な音が出せることも知りました。

ワークショップの後半は、紙コップにシールとペンで装飾したりしながら自分だけのストリングラフィを作りました。工作した後は、実際の鳴らし方を教わり、ニワトリの「コケコッコー」という鳴き声や犬の「ワンワン」という鳴き声に似た音を出す練習もしました。
最後に参加者は講師と一緒に小鳥の鳴き声を鳴らしながら合奏をして終了。「ストリングラフィ」を鳴らすのが楽しくなって音が鳴り止まない場面もあるほど盛り上がりました。

ワークショップの参加者からは下記のような感想が寄せられました。
・紙コップと糸と針金でこんな楽器が作れると思わなかったのでとてもよかった
・いろいろ楽器のことを知ることができた。
・ストリングラフィを作ったり、演奏するのが楽しかった
・飾りつけが楽しかったし、色々な曲や音を出せるなんてびっくりしました。またコンサートをやって欲しいです。
・大きなストリングラフィに触らせてもらえて嬉しかった。音楽以外の様々な生き物の声を出せることに驚きました。特に犬の鳴き声はそっくりです。

「ストリングラフィ」という珍しい楽器のコンサートを楽しむだけでなく、ワークショップを通して「音」の出る仕組みや、その原理も体験できる貴重な機会となりました。

関連URL:
ストリングラフィ 紙コップと糸で奏でる音楽
http://www.galaxcity.jp/modules/event/index.php?action=PageView&page_id=8146

ストリングラフィってなあに?糸電話が楽器になった!?ストリングラフィを作ってみよう♪

http://www.galaxcity.jp/modules/event/index.php?action=PageView&page_id=8152