ここから本文です。

一枚の板から作る自分のカタチ 2日間連続講座【なつやすみ!うっちーのアートフルガレージ~高学年編~「いちまいの板からつくろう!」】を今年も開催

開催日: 2017年8月17日

2013年のギャラクシティのリニューアルオープンと共にスタートした「うっちーのアートフルガレージ~ひらけ、とびだせ、夢の図工室~」。夏休みには毎年、じっくり時間をかけて木と向かい合いながら、様々な道具を使って自分の作りたい作品を作り上げる特別講座を開催しています。今年も8月14日(月)には小学1年生~3年生の「低学年編」が、そして8月16日(水)と17日(木)には2日間かけて小学4年生~6年生「高学年編」を開催し、高学年編には13名の子ども達が参加してくれました。

ギャラクシティではお馴染み内野務さん

講師はギャラクシティではすっかりお馴染みの「図工は子どもの愉快で楽しい栄養ドリンク!」をモットーに、子ども達の創造力を引き出すユニークな図工教育で知られる「うっちー」こと内野務さんです。参加してくれた小学生の中には毎月実施している「うっちーのアートフルガレージ」に続けて参加してくれているお友達も多くいました。

1日目:8月16日(水)
今回も90cm×16cm×1.2cmのアガチス材の一枚板を使い、パーツを切り出して自分の作りたい形を組みあげていきます。まずは設計図を描きます。
 

 切り出す長さを正確に測ったら・・・


  パーツを切り出します/ノコギリだけでなく糸鋸も使います

電動ドリルや金槌など様々な道具を使い、自分の作りたいカタチを徐々に組み立てていきます。



2日目:8月17日(木)
2日目も朝から皆もくもくと作業。彫刻刀、ドレッサーなどなど、初めて使う道具も駆使しながら徐々にカタチが出来上がってきました。


    
 ポイントに彩色も行います

 皆の途中経過を見たりしながら・・・

・・・ついに完成!
2日間かけて小学生達が自ら考え、自分で作り上げた作品を御覧ください。

 

参加者からは下記のような感想が寄せられました。
・自分の好きなものがつくれた。
・一枚の板でみんないろんなものを作っていておもしろかった。
・すごくいい作品ができた。糸鋸をはじめて体験した。できた時がすごく嬉しかった。
・木材についてよく学んだ。
・おもしろくて楽しくてまたやりたいと思った。
・面白い工作をさせてもらった。
・いろんな道具があった。木には縦筋があるということを学んだ。木からいい香りがした。
・みんな違っていて作り方も違うし、自信作ができた。1枚の板からいろんなものが作れることを知った。またやりたいです。
・うっちーさいこー。秋も来たいです。
・図工のおもしろさを知りました。やってみて楽しかった。

 最後に出来上がった作品をお互い鑑賞しあいました

関連URL:
なつやすみ!うっちーのアートフルガレージ~高学年編~「いちまいの板からつくろう!」(2日間制)
http://www.galaxcity.jp/modules/event/index.php?action=PageView&page_id=8130