本日のイベント

2017年09月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

開館日

休館日

ここから本文です。

ホワイトあとりえが博物館に変身!連続講座「みんなでつくろう!ヒミツの空想博物館」~子ども達が自由に空想しとっても楽しい「博物館」が出来上がりました!

開催日: 2017年7月29日

いつもは「おえかきタイム」が実施されている「ホワイトあとりえ」。そんなホワイトあとりえを子ども達が考えた「ヒミツの空想博物館」に変身させる連続講座「みんなでつくろう!ヒミツの空想博物館」が7/25(火)~7/28(金)の4日間開催され、小2~小4までのメンバー7名が参加しオリジナルの博物館の制作を行いました。


今回子ども達と一緒に活動してくださったのは美術家の水内貴英さん。水内さんは一昨年と昨年の夏にもワークショップ「ギャラクシティ★スペースステーション建築計画」や「みんなでつくろう!恐竜とあそべるダンボール・ジュラシック・パーク!」の活動を子ども達としてくださっています。今回はギャラクシティ・ボランティアのコフさんも、連日子ども達の制作のサポートをしてくださいました。

1日目:
まず皆で自己紹介をした後、水内さんから日本や世界各地にある様々なテーマの様々な博物館についていろんな画像を見せていただきながら知りました。

自然史・歴史・科学・宇宙…寄生虫やおもちゃ、お菓子をテーマにした物までいろんな博物館があります。

その後、どんな博物館があったら楽しいか具体的な展示物のアイデアもまとめながら、それぞれ考え、シートに書き込んでいきます。その後、早速、展示物制作を開始。今回は水内さんが「石膏」を使って展示物が作れるよう材料を用意してくださいました。

石膏の作り方を皆で学ぼう

石膏以外にもダンボールや画用紙、紙粘土、発砲スチロール等、様々に用意された材料を使ってそれぞれ展示物や展示空間を作り上げていきます。

子ども達が想像して作り出していく展示物は…「様々な変わった昆虫の化石」「身近なへんてこな物」「いろいろな秘宝」「カラフルなケサランパサラン」「ドラゴンのミイラ化石」「いろんな種類のお茶」など楽しいアイデアいっぱいの興味深いものばかりです。

2日目:
展示物作りの続きをしながら、水内さんが持ってきてくださった展示棚をベースに自分達の展示空間づくりを開始しました。

博物館の空間づくり

大きな展示空間を作るのに、自然とお互い協力しながら作業を進めていきます。大きなダンボールを支えてあげたり、学年の低い子に工作の方法を教えてあげたり…いろんな共同作業の様子が見られました。

皆で協力して作り上げます

展示物が展示されている展示室だけでなく、ミュージアムカフェやミュージアムショップを作ろうというアイデアも。カフェやショップの空間づくりも始めました。

3日目:
3日目には皆からのアイデアでチケット売り場や、博物館の看板作りも行いました。

看板も作ろう

展示物も充実してきて段々ホワイトあとりえは博物館らしくなってきましたよ・・・。
  
4日目(最終日):
4日目は最終日ということもあり、10:00~16:00まで一日かけて博物館を完成まで持っていきます。連日作業が続き、3日目張り切り過ぎて疲れてしまった子もいた事から、水内さんより提案で「だらだら おやすみ きゅうけいゾーン」が設けられました。そして4日目の目標は3つ「がんばらない ゆっくりやる やりたいことだけやる」。皆、自分のペースを保ちながら最後まで楽しく作業ができることを目指します。

自分のペースで作業をしよう

展示空間の真ん中にそびえる「古代のロケット」を皆で協力して作ります。

お昼ご飯を皆で一緒に食べた後、ラストスパート。

皆でランチをしてフィニッシュ!

博物館の館内MAPも完成し、最後の展示室の仕上げもし、ついに「ヒミツの空想博物館」が完成!出来上がった博物館の中には…架空の生き物や動物が展示されている「架空博物館」、様々な珍しい昆虫がいる「昆虫博物館」、お菓子とお金と人形が展示されている展示室、様々な秘宝が展示されていう「秘宝の洞窟」、昔の言語の化石が展示された「言語博」などの展示を観る事ができ、博物館の中央には古代に作られたロケット「G-01」もそびえ立っています。かわいらしいミュージアムショップやミュージアムカフェもきっちり併設されてますよ!

明日から早速一般のお客様を迎えることになりますが、4日間の作業を通して子ども達も別れが名残惜しい様子。参加した小学生達からは下記のような感想が寄せられました。

■すごく自由に遊べて作れて楽しかった。
■最初はおもしろいかなと思って4日間やってみたら楽しかった。
■自分の心の中のものをきれいに好きなように表現できたからとてもよかった。テーマを決めてそのテーマに合ったいろいろなものを展示すると博物館になることを知りました。全体的におもしろくできてよかったなと思いました。



7月29日(土)にオープンした「ヒミツの空想博物館」は初日から多くのお客さまがいらっしゃいました。ワークショップに参加していたメンバーもご家族と一緒に駆けつけてくれ、オープン日だけのスペシャルイベント、石膏で作るミニ化石作りを皆で楽しみました。

連日多くの子ども達の来館で賑わった「ヒミツの空想博物館」。8月13日(日)までの開館で合計3000人を超えるお客様にご来場いただき多くの子ども達に楽しんでいただきました!

関連URL:
★みんなでつくろう!「ヒミツの空想博物館(クウソウハクブツカン)」
http://www.galaxcity.jp/modules/event/index.php?action=PageView&page_id=8108
★完成した「ヒミツの空想博物館(クウソウハクブツカン)」で遊ぼう!
http://www.galaxcity.jp/modules/event/index.php?action=PageView&page_id=8422