本日のイベント

2017年09月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

開館日

休館日

ここから本文です。

【ギャラクシティ天文ネットワーク講演会②】「宇宙に一番近いアタカマ天文台~TAO望遠鏡で探る宇宙~」

開催日: 2017年7月15日

14:30~15:30、東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センターの宮田隆志先生にお越し頂き、講演会を行いました。94名のお客様が入場されました。
東京大学は、南米チリ・アタカマのチャナントール山頂に「TAO(タオ)望遠鏡」を建設し、研究を行う「TAO計画」を進めています。TAO望遠鏡が天体の観測に使うのは、宇宙から届く「赤外線」。地上に届く直前に大気に吸収されてしまう赤外線を、標高5,640mという宇宙に一番近い天文台で観測します。
赤外線とはどんなものか、講演会に参加している子どもたちと実験をしてみましたよ!3本のペットボトルにそれぞれ温度の違う水を入れて赤外線カメラで撮影すると・・・温度の高いものは白く、低いものは黒く写ります。

人間を撮影すると、熱を持っていますから白っぽく写ります。この仕組みを使って宇宙のチリを観測し、宇宙の謎を解く研究を進めています。


講演会終了後は子どもたちから沢山の質問が飛び出しました。宮田先生は、将来、天文学者を目指す子どもたちへ「色んなことに興味を持って調べてみよう」というメッセージを送られていました。
まるちたいけんドームでは、アタカマ天文台の「星空カメラ」で撮影した、とびきりきれいな星空を、ほとんどリアルタイムで皆さんに見て頂くことができます!
こちらからご覧ください(http://hoshizora.galaxcity.jp/modules/camera/)。
これからも、まるちたいけんドームならではのイベントをたくさん行なっていきます。詳しく決まりましたらウェブサイト等でご案内をします。ぜひご参加ください。どうぞお楽しみに!
(まるちたいけんドーム担当)