ここから本文です。

土屋鞄製造所のみなさんと、ランドセルと同じ革でつくる「革表紙のメモリーブック」をつくろう!

開催日: 2017年4月2日

ピカピカのランドセルを背負った新1年生の姿を町で見かけるようになるこの季節、ギャラクシティでは毎年革製品やランドセルで有名な土屋鞄製造所のスタッフの方々にお越しいただき、ランドセルと同じ革を使って行う楽しいものづくりの講座を開催していただいております。今年は4/2(日)に「革表紙のメモリーブック」作りを行い計255名の子ども達にご参加いただきました。

当日はランドセルのディスプレイもずらり

ギャラクシティより車で10分ほどの西新井大師西駅近くにある土屋鞄製造所は足立で誕生してから50年以上。今回実施したワークショップのどの回にも土屋鞄製造所のランドセルを実際に日々使っているという子が必ずいましたが、子ども達の中でも「ランドセルで有名な会社」という認識が定着しているようです。

今回もランドセルと同じ革を使って工作を行います

 スタッフの皆さんに作り方を教えてもらいます

今回皆で作ったのは未来の自分へのメッセージや写真が残せる革表紙の冊子「メモリーブック」。ランドセルの「かぶせ」の裏側に使われる革を使って作ります。ポンチとトンカチで革に穴を開けたり、カシメ打ちとトンカチでカシメをつけたり、普段はなかなか使わない特別な道具を使って革を加工していきます。小さな子ども達もご家族に手伝っていただきながら一生懸命道具を使っていましたよ。無事に加工が終わったら、表紙部分に様々な形に切り抜かれた革のパーツを貼り付けて飾りつけ、穴に紐を通します。

 ポンチとトンカチで穴をあけます

 カシメ打ちとトンカチでカシメをとめます

 革の切り抜きで装飾して紐を通します

途中、スタッフの方にインスタントカメラで写真を撮ってもらいます。1人で写真に写る子、お友達と一緒に撮ってもらう子、ご家族全員で写真を撮る子…それぞれでしたが、今の自分の姿を写した写真が出来上がったら、写真を表紙に張り付けたメモリーブックを革表紙に挟み込んで出来上がり。皆すてきな革表紙のメモリーブックを完成させました!

  撮った写真を貼り付けて

  できあがり!

参加していただいた方からは下記の感想が寄せられました。
・初めての体験で、革に穴をあけたりボタンつけが子どもも楽しかったみたいです。(保護者)
・娘が自分でできる作業が多かった=子どもの満足度が高かったのが良かった。3歳児でもできた。(保護者)
・自分が土屋さんのランドセルをつかっていてどこの部分をつかっているのか知れた。(小学生)
・とんかちをたたくのがこんなにたのしいしむずかしいとはじめてしりました。(5歳)

自分で作りあげた、今の自分のお写真が表紙の「革表紙のメモリーブック」。皆の成長や思い出と共に歩むステキなこの冊子を是非大切に使っていただけたらと思います。

イベントURL:
親子でものづくり!土屋鞄製造所「革表紙のメモリーブック」をつくろう!
http://www.galaxcity.jp/modules/event/index.php?action=PageView&page_id=7532