本日のイベント

2017年04月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

開館日

休館日

ここから本文です。

近所の公園で春をさがしてみよう!「きせつの自然教室 春をさがして はっぱミイラづくり!」開催

開催日: 2017年3月28日

前日の冷たい雨から一転、春らしい陽気になった3/28(火)。ギャラクシティでは【きせつの自然教室「春をさがして はっぱミイラづくり!」】を開催し15名の小学生とそのご家族が参加してくださいました。

今回の先生は、ギャラクシティでいつも自然教室を担当してくださっている森進さん渡部正明さん。まずみんなで、ギャラクシティから徒歩5分ほどにある公園に出かけました。  まだ風に冷たさは残るものの、公園の土には春らしい小さな花々が多く見られます。
オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ナズナ、カラスノエンドウ、タンポポ…。

 

みんなで小さな花々を探しながら先生から花々の特徴についてお聞きしました。

中でも盛り上がったのは小さな黄色い花をつけるカタバミの葉っぱの特徴。カタバミの葉っぱに含まれるシュウ酸という酸の効果で古い10円玉を磨くとピカピカになる…ということで、みんな10円玉磨きにチャレンジしていました!

 

身近な公園の自然の中でたくさんの「春」を見つけた後はギャラクシティに戻って「はっぱミイラ」づくりを開始!生垣などで街中でもよく見かける常緑樹の「ヒイラギモクセイ」の葉っぱを利用し、葉っぱの葉緑素を落とし、葉脈を取り出す「はっぱミイラ」こと葉脈標本づくりを行いました。

ヒイラギモクセイの葉を使います

薬品で煮て酢で中和した葉をやさしく叩きます

葉緑素が落ちて葉脈だけに

葉脈は根からすいあげた水を木の隅々まで行き渡す血管のような重要な役割を果たしていると、先生から説明をお聞きし、虫眼鏡で細かく葉脈を観察する子もいました。

参加した子ども達から下記のような感想が寄せられましたよ。

・いろんな花の種類を学ぶことができて楽しかった。
・こうえんで草花や、はっぱのたねをいっぱいとれてうれしかった。煮たはっぱでこんなミイラができること、はっぱにようみゃくがあることをしった。
・おくすりをつかってはっぱの ようりょくそが ぺらぺらとれたのでびっくりした。とてもたのしいたいけんができた。
・はっぱにも けっかんみたいなもの があってびっくりした。
・レースみたいでとってもきれいにしあがって、たのしくなった。しぜんっておもしろい!
・公園だけでもいろいろな草があると知った。
・しょくぶつのなかで十円玉をこするときれいになるものがあってすごかった。

身の回りの自然を観察して自然の不思議や大切さをあらためて知る「きせつ自然教室」は、四季にあわせ、様々なテーマで実施しています。次回は6月に開催予定です。ご興味のある方、是非ご参加くださいね!

イベントURL:
きせつの自然教室「春をさがして はっぱミイラづくり!」
http://www.galaxcity.jp/modules/event/index.php?action=PageView&page_id=7534