本日のイベント

2017年07月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

開館日

休館日

ここから本文です。

秋の‟ギャボラ”遠足!ギャラクシティ・ボランティアが「東京おもちゃ美術館」の見学に行ってきました!

開催日: 2016年11月23日

ギャラクシティに来館する子ども達に向けて様々なワークショップやイベントを企画・実施してくださっている「ギャラクシティ・ボランティア(通称:ギャボラ)」。10代から80代までの幅広い年代の方々が登録してくださっています。

    
<ギャボラの活動①②>

いつもはギャラクシティの館内で活動を行っているギャボラのみなさんですが、ユニークなボランティア活動を展開している他施設に年に1回うかがい、その活動を見学させていただく遠足を実施しています。今年の11月23日(水・祝)には8名のギャボラの方と2名のギャラクシティのスタッフでギャラクシティを飛び出て、四谷にある「東京おもちゃ美術館」にうかがい、館内の様子やボランティアの方々が活動している様子を見学させていただきました。
 
美術館の中に入ると、なんともあたたかくて懐かしい雰囲気が感じられます。実はこの建物、もとは廃校になってしまった小学校で、地域の寄付によってドイツの建築家が設計し、奇跡的に戦災を免れた歴史的建造物でもあるのだそうです。

<美術館入口>
 

東京おもちゃ美術館は「一口館長制度」に基づく一般の方々からのお金の寄付と、ボランティアスタッフである「おもちゃ学芸員」の時間の寄付によって成り立っている「市民立」のミュージアム。おもちゃを通して文化や知恵を伝え、人と人とを繋ぐ美術館としてたくさんの人に親しまれています。

最初にご案内いただいたのは、「おもちゃこうぼう」。身近な材料を使ったおもちゃを作ることができるお部屋です。今回は「おもちゃ学芸員」(=東京おもちゃ美術館でのボランティアスタッフの呼び名だそうです)の方に教えていただきながら身近な材料で作るおもちゃづくりを体験しました。
 

<こうぼう全景>        <工作体験の様子1>     <工作体験の様子2>
            
紙コップ、ストロー、傘袋をつかった「びっくりおもちゃ」を体験しました!

ギャボラの皆さんも活動の中でものづくりのワークショップを企画してくださることがありますが、体験する側の身になってみると、材料の準備や道具の置き方などにさまざまな工夫が見え、とても勉強になったようです。また「おもちゃこうぼう」の中に展示された沢山の手づくりおもちゃを見ながら、「おもしろい!」「こんなアイデア思いつかなかった!」と、とても刺激を受けていました。

<色々な手作りおもちゃ>
 

つぎは館内の見学に出かけます。1階から3階まで、8つある展示室には、それぞれのお部屋のテーマに沿って、昔懐かしいおもちゃ、珍しいユニークなおもちゃ等、たくさんのおもちゃが展示されています。ほとんどのおもちゃを実際に触って遊べるようになっており、どのおもちゃも作り手の想いが伝わってきそうなあたたかみのあるものばかりです。そのおもちゃをより魅力的にしていたのが展示室で遊び方を教えてくださったりおもちゃの説明をして一緒に遊んでくださる「おもちゃ学芸員」の皆さんの存在。「おもちゃ学芸員」の皆さんと一緒におもちゃに触れることにより、一人で遊ぶよりずっと体験が深まっていくのを感じました。
当日は祝日だったこともありたくさんのご家族が来館されていましたが、私たち大人もついつい夢中になってしまいました。

<学芸員さんの解説>    <ゲーム>    <ごっこおもちゃ>  <転がすおもちゃ>
            


最後は、実際に活動されてる「おもちゃ学芸員」のお二人とスタッフの方とのお話会を設けていただきました。ギャラクシティのことや、ギャボラのみなさんの活動についてのご紹介もしつつ、体験や見学をして感じたことをお話したり、お聞きしてみたいことを伺ったりして意見交換を行いました。お互いに子どもと関わり合う活動をしているだけに、子どもへの声の掛け方や子どもと関わる際の姿勢などの具体的な事柄についての意見交換をすることもできました。

<お話会>
 

お話会が終わった後、このギャボラ遠足は自由解散となりましたが、子どもだけでなく大人も夢中になれる「東京おもちゃ美術館」をより楽しみたいと、再び再入場したギャボラの方も多かったです。

今回の遠足に参加されたギャボラの方からは「今日体験したことや感じたこと、伺ったお話をぜひギャラクシティでの活動にいかしたい」という声も聞かれ、皆さんとても良い刺激を受けたご様子でした。
 
関連URL:
ギャラクシティ・ボランティア(ギャボラ)について
http://www.galaxcity.jp/modules/info/index.php?action=PageView&page_id=19
 
(こども体験事業担当)