ここから本文です。

千住いえまち×ギャラクシティ 千住こども探検隊「千住の魅力を激写せよ!」

開催日: 2014年11月9日

ギャラクシティの外に飛び出て、町の魅力を発見する初めての町探検イベント。一緒に探検してくださったのは足立区の千住でユニークな活動を続ける「千住いえまちプロジェクト」のみなさんです。数ヶ月かけて一緒に企画を練り、準備を行ってきました。

2014年119日(日)、当日のお天気はあいにくの雨…と思われましたが、駅前に14名のこども探検隊のメンバーが集合し、全体の説明が終わる頃には雨もやみ始め、みんなで「エイエイオー!」の掛け声と共に出発するころには、お日様がさし始めました。

江戸時代に宿場町として発展した千住の町は一体どんな町で、どんな物があって、どんな人がいるのか、千住に住む隊員も千住以外に住む隊員も3チームに分かれ、旧日光街道周辺を中心に、細い路地を潜り抜けながら様々な場所を探検しました!

千住いえまち1  千住いえまち2

    横山家

足立区登録有形民族文化材の横山家は江戸時代から続いた商家で、紙の問屋を営んでいらっしゃったということです。普段は入れないこのお宅に今回こども探検隊は特別に潜入させていただきました。ご主人からお聞きする、家に残る様々な歴 史のお話にこども隊員も興味津々。戊辰戦争の際に彰義隊がつけたという柱の刀傷を見せていただいたり、明治9年に建てられた蔵の中を見せていただいたり、普段はなかなか目にすることのできない歴史の足跡を体感することができました。

千住いえまち3  千住いえまち4

千住いえまち5  千住いえまち6

     石黒の飴
昭和8年に創業された「石黒の飴」の店頭には色とりどりの飴が昔ながらの木枠のケースにきれいに並んでいます。なんともかわいらしいレトロな店構えの飴屋さんにこども隊員もすっかり夢中でバシバシ激写!ご主人やおかみさんから飴の作り方を教えていただいたり、どんな風に写したらきれいな飴の写真が撮れるかアドバイスをいただいたりしました。 後で皆でこちらの飴をいただいたのですが、その美味しさにこども隊員が感嘆の唸りをあげるほど。飴の写真を写真集作りの際に選ぶこども隊員も多かったです。 

千住いえまち7  千住いえまち8
 
     なかだえり 新アトリエ

こちらも普段はなかなか潜入できないスポット。「千住いえまちプロジェクト」の メンバーであり、イラストレーターとして活躍するなかだえりさんのアトリエです。元々1階は飲み屋さんで2階が住宅として使われていた古いお家。古い建物が好きななかださんが自分流にリノベーションし、とても素敵なアトリエに生まれ変わっていました。中にはこども隊員が普段はあまり見たことのないような古い物もたくさんありました。黒いダイヤル式の電話機や木でできた立派なハシゴ…これらは千住内で建て替えたり取り壊すことになった古い建物からいただき再利用された物だそうです。閉館した旅館の看板や、取り壊された銭湯で使われていた富士山の絵などを撮影したり、なかださんが描いた千住についての素敵なイラストを見せていただいたりしました。

千住いえまち9  千住いえまち10

千住いえまち11  千住いえまち12 

 
    千住本氷川神社 

細い参道の先にある古い神社。旧社殿は江戸時代初期に建てられたもので、美しい彫刻が施されています。通りがかりの地元の方々がきちんとお辞儀をして通り過ぎる姿も多くみかけました。ここでこども隊員は写真撮影の他に、絵はがきづくりを行いました。神社内で気になったもの、狛犬、灯篭、記念碑などをスケッチし、後で着色。素敵な絵はがきがたくさん出来上がりました。おじいちゃんやおばあちゃんに早速送るというこども隊員も。足立区ラジオ体操発祥記念碑をダイナミックなに描いた隊員もいましたよ。 

千住いえまち13  千住いえまち14 千住いえまち15
 
千住いえまち16  千住いえまち17 
 
その他にも、細い路地から見えるお茶屋さんの商家の蔵「中川園の蔵」や、子ども達から「タコ公園」と呼ばれる大きなタコの遊具のある「千住ほんちょう公園」、東京に1軒だけ残る手描きの絵馬屋「吉田屋」、元々助産院であった古いお宅なども見て歩きました。
 
千住いえまち18  千住いえまち19 
 
ゴールの千寿本町小学校についたら、撮り貯めた写真の中から、写真集に使いたい 写真を選び、コメントをつけて「千住おもしろ写真集」を作成。同じコースを歩いたのに、それぞれのこども隊員が切りとった町の写真はそれぞれの違った個性 が活きたものになりました。最後に、それぞれの隊員からどんな所が面白かったか、気になったかを聞きながらお互いの写真集を鑑賞しました。 
 

千住いえまち20  千住いえまち21

千住いえまち22  千住いえまち23 

千住いえまちプロジェクトの方からは最後に「今日作った写真集を是非お家に飾って、今日のことを、歩きながら見た町の様子を、そして千住の町のことを、時々思い出して欲しいなと思います」と言葉をいただきました。
 
千住いえまち24
 
参加したこども隊員や同行された保護者の方々からは、
「千住の中の知らない所を歩けたり、古い家に入れてうれしかっ た。」
「写真がより好きになった。みんなと仲良く写真が撮れたので嬉しかったです。来年も参加したいです。」
「今回のイベント、とても良かったと思います。また同じようなイベントがありましたら子どもを参加させたいと思います。」
「千住でも少しずつ古いものが失われているようで残念です。今回はそれらを見直す面白い活動だと思いました。」
「今回のようにギャラクシティの外で開催されるイベントもとても面白かったので、今後も継続的に行っていただきたいです。」
といった感想が寄せられました。
 
イベントURL
千住いえまち×ギャラクシティ 千住こども探検隊「千住の 魅力を激写せよ!」